<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【Short Trip】さて、今年のスズランは・・・

梅雨まっ盛りのこの日、東京は朝からシトシト降ったり止んだりのジメジメとした空気でした。
そんなところにずっといると身も心もカビてしまいそうなので(笑)










サクッと飛んでみたのですよ。
f0077051_0344532.jpg
早朝からのフライトの予定を変更し、この日は珍しく午後の便で。

目的地は快晴。
燦々と降り注ぐ太陽と澄みきった青い空に、否が応でも期待が高まる。










f0077051_035858.jpg
f0077051_0393891.jpg
f0077051_040491.jpg
おなじみの国営滝野すずらん公園でございます。

閉園時間まであとわずか・・・
わき目もふらず一目散にスズランを目指します。










f0077051_0405567.jpg
f0077051_050610.jpg
f0077051_0521336.jpg
f0077051_051375.jpg
今年も、素晴らしく可憐な花を咲かせていました。
あたり一面に漂うスズランの甘美な香りに、しばし酔ってみたり・・・





f0077051_0524293.jpg
f0077051_0561650.jpg
f0077051_0543152.jpg
f0077051_0564851.jpg
最後の写真、正面からスズランを見ることができるという、かなりレアな体験ができました。










f0077051_0584716.jpg
f0077051_102387.jpg
f0077051_102021.jpg
深呼吸、深呼吸・・・そしてまた深呼吸。










身体中の細胞の隅々まで、濃厚で純度の高い酸素が行き渡ったころ・・・










f0077051_23335091.jpg
国営滝野すずらん公園は閉園時間を迎えるのでした。
[PR]
by yossy-kmt | 2013-06-21 23:44 | 出来事

【PANERAI】TRIBUTE TO GALILEO GALILEI

f0077051_0362081.jpg
「オフィチーネ パネライ - トリビュート トゥ ガリレオ:ルネッサンスの天才科学者に捧ぐ」展のINVITATIONがPANERAIから届きました。
ギリギリ最終日、どうしても行きたかったのでその日のフライトを午後に変更、空き時間を約1時間ほど捻出してなんとか行くことができたのです。










f0077051_0372143.jpg
もちろん、開場前に着いてドアオープンを待ちます。





f0077051_0441824.jpg
f0077051_0381279.jpg
f0077051_0404534.jpg
会場の床はPANERAI文字盤のモチーフになっているという凝りよう。





f0077051_0422591.jpg
f0077051_0424863.jpg
週末にはケースの分解&組立デモがあったらしいのですが、平日にしか行けない僕は当然見ることができず。
その代わり、いい写真が撮れるようにと、わざわざガラスケースを取っ払っていただけました。










PANERAIのレアなハイエンドモデルも見ることができます。
f0077051_0491293.jpg
左・・・RADIOMIR 8 DAYS GMT ORO ROSSO / PAM00395
右・・・TUTTONERO LUMINOR 1950 3 DAYS GMT AUTOMATIC CERAMICA / PAM00438





f0077051_0501157.jpg
左・・・LUMINOR 1950 REGATTA 3 DAYS CHRONO FLYBACK AUTOMATIC TITANIO / PAM00526
右・・・LUMINOR SUBMERSIBLE 1950 AMAGNETIC 3 DAYS AUTOMATIC TITANIO / PAM00389





f0077051_0513321.jpg
LUMINOR 1950 10 DAYS GMT CERAMICA / PAM00335





f0077051_0525533.jpg
RADIOMIR CALIFORNIA 3 DAYS / PAM00424





f0077051_0543085.jpg
LUMINOR 1950 8 DAYS GMT / PAM00233
ちなみに、これは僕の持っているモデルです。(参照→【PANERAI】Luminor 1950 8Days GMT PAM00233





f0077051_054747.jpg
LUMINOR 1950 10 DAYS GMT / PAM00270





どれもこれも百万〜数百万円の値がつくモデルばかり。
いやぁ、目が泳ぎますね(笑)





そして、圧巻のモデルがコレ↓
f0077051_0582644.jpg
f0077051_10173.jpg
POCKET WATCH TOURBILLON GMT CERAMICA / PAM00446


詳しくは動画を↓



腕時計ではなく、ポケットウォッチというところがミソ。
ちなみに数千万円のプライスタグがついて、生産数は全世界でたったの50本!
この時計で、地方だと一戸建てが買えちゃいます(笑)










f0077051_122924.jpg
そしてそして、このイベントのメインがコレ!





f0077051_12333.jpg
f0077051_13986.jpg
f0077051_134533.jpg
全世界にたったの3本しか存在しない「パネライ ジュピテリウム」でございます。

トスカーナ地方が生んだ天才ガリレオ・ガリレイによる初の天体望遠鏡観測400周年を記念して、この「ジュピテリウム」が発表されたのです。
「ジュピテリウム」は永久カレンダーを備えたプラネタリウム時計で、地球を中心にして太陽、月、木星と、望遠鏡の発明のおかげで1610年にガリレオによって発見されたガリレオ衛星と呼ばれる4つの衛星(イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト)が表示されるというものすごい時計なのです。


詳しくは動画を↓







f0077051_22524115.jpg
f0077051_22554653.jpg
8バレルでパワーリザーブは40日!
上の写真でも解説してありますが、構成部品は1532点というとてつもない数の部品が使われているのです。





f0077051_232417.jpg
フロントパネルを開けて見せていただきました。





f0077051_2323941.jpg
サイドからも中の複雑さを垣間見ることができます。





f0077051_234912.jpg
この複雑な歯車の配置と絡まり具合がたまりません!





f0077051_2343780.jpg
もちろん、永久カレンダーも装備。





f0077051_2372469.jpg
地球上で3個しか存在しない、そして日本で見ることができるのはおそらく最初で最後とのこと・・・
ほんの短い時間でしたが、一目でも見ることができて幸せでした♪
[PR]
by yossy-kmt | 2013-06-16 01:45 | 出来事

【8.Breakfast】Late Summer Vacation at THE NAM HAI

2012年の夏休み日記、ずいぶんご無沙汰しております。
もう9ヶ月も前のことなのに、まだまだぜんぜん色褪せないたくさんの思い出たち・・・
せっかくなので、もう少しだけ書いて締めくくりたいと思います。










あ、でも今回で終わりじゃないよ。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Late Summer Vacation 2012】

【Prologue】Late Summer Vacation 2012
【1.NRT to DAD】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【2.Check-in】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【3.A day at villa】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【4.Relax at Resort】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【5.Dinner】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【6.Sightseeing 1st】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【7.Sightseeing 2nd】Late Summer Vacation at THE NAM HAI

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










f0077051_2292543.jpg
朝、目覚めとともに部屋から出ると、いつもこんな風景。(この写真、上下が完全にシンメトリーですな)





f0077051_23232321.jpg
絵になるねぇ。





f0077051_22134490.jpg
f0077051_2321555.jpg
ということで、朝食を簡単にご紹介します。





f0077051_22201380.jpg
f0077051_22203754.jpg
朝食はTHE RESTAURANTにて。





f0077051_22231221.jpg
f0077051_22251554.jpg
f0077051_22255598.jpg
f0077051_22281789.jpg
f0077051_22285832.jpg
もちろん、好きなものを好きなだけ。





f0077051_22472395.jpg
この男、薄笑いを浮かべて何を見ているのか?





f0077051_22305214.jpg
f0077051_2250561.jpg
麺類やご飯ものはオーダーすると作ってもらえるのです。





f0077051_2236657.jpg
f0077051_22315224.jpg
f0077051_22395816.jpg
f0077051_223197.jpg
f0077051_22403398.jpg
f0077051_22421834.jpg
f0077051_22452224.jpg
同じようなものを何度も食べていますね(笑)
写真の「カオラウ」というベトナム式汁なしうどん(?)が絶品に美味しくて何度も食べてしまったのです。





f0077051_22524187.jpg
f0077051_22552825.jpg











あ、ベトナムコーヒーはこんな感じなのです。
f0077051_2258415.jpg
この状態で供されます。底には濃厚な練乳が。





f0077051_2259435.jpg
たっぷり入った珈琲豆の中をくぐり抜けてゆっくりと滴りました。





f0077051_22593542.jpg
混ぜます。





f0077051_230168.jpg
氷を入れたグラスに移して出来上がり。
超絶に濃厚で苦味もMAXな珈琲と、これまた濃厚で甘さがMAXな練乳の絶妙なコラボレーション!
これぞ、正しいベトナムコーヒーの味わいですね。










f0077051_2350541.jpg
副支配人のJ. Walter Hessと。
氏は毎朝レストランで各テーブルを廻り、すべてのゲストに挨拶をしていました。
そういえば、到着した時に出迎えてくれたのも彼でした。
そして、一日に何度もリゾート内で出会い、そのたびにとびきりのスマイルで挨拶をしてくれるんですね。
なんだか奥深いホスピタリティの片鱗を見せられた気がします。










(さて、次で締めくくりかなぁ・・・)
[PR]
by yossy-kmt | 2013-06-06 00:44 | 出来事&グルメ