カテゴリ:出来事&グルメ( 143 )

【8.Breakfast】Late Summer Vacation at THE NAM HAI

2012年の夏休み日記、ずいぶんご無沙汰しております。
もう9ヶ月も前のことなのに、まだまだぜんぜん色褪せないたくさんの思い出たち・・・
せっかくなので、もう少しだけ書いて締めくくりたいと思います。










あ、でも今回で終わりじゃないよ。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Late Summer Vacation 2012】

【Prologue】Late Summer Vacation 2012
【1.NRT to DAD】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【2.Check-in】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【3.A day at villa】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【4.Relax at Resort】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【5.Dinner】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【6.Sightseeing 1st】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【7.Sightseeing 2nd】Late Summer Vacation at THE NAM HAI

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










f0077051_2292543.jpg
朝、目覚めとともに部屋から出ると、いつもこんな風景。(この写真、上下が完全にシンメトリーですな)





f0077051_23232321.jpg
絵になるねぇ。





f0077051_22134490.jpg
f0077051_2321555.jpg
ということで、朝食を簡単にご紹介します。





f0077051_22201380.jpg
f0077051_22203754.jpg
朝食はTHE RESTAURANTにて。





f0077051_22231221.jpg
f0077051_22251554.jpg
f0077051_22255598.jpg
f0077051_22281789.jpg
f0077051_22285832.jpg
もちろん、好きなものを好きなだけ。





f0077051_22472395.jpg
この男、薄笑いを浮かべて何を見ているのか?





f0077051_22305214.jpg
f0077051_2250561.jpg
麺類やご飯ものはオーダーすると作ってもらえるのです。





f0077051_2236657.jpg
f0077051_22315224.jpg
f0077051_22395816.jpg
f0077051_223197.jpg
f0077051_22403398.jpg
f0077051_22421834.jpg
f0077051_22452224.jpg
同じようなものを何度も食べていますね(笑)
写真の「カオラウ」というベトナム式汁なしうどん(?)が絶品に美味しくて何度も食べてしまったのです。





f0077051_22524187.jpg
f0077051_22552825.jpg











あ、ベトナムコーヒーはこんな感じなのです。
f0077051_2258415.jpg
この状態で供されます。底には濃厚な練乳が。





f0077051_2259435.jpg
たっぷり入った珈琲豆の中をくぐり抜けてゆっくりと滴りました。





f0077051_22593542.jpg
混ぜます。





f0077051_230168.jpg
氷を入れたグラスに移して出来上がり。
超絶に濃厚で苦味もMAXな珈琲と、これまた濃厚で甘さがMAXな練乳の絶妙なコラボレーション!
これぞ、正しいベトナムコーヒーの味わいですね。










f0077051_2350541.jpg
副支配人のJ. Walter Hessと。
氏は毎朝レストランで各テーブルを廻り、すべてのゲストに挨拶をしていました。
そういえば、到着した時に出迎えてくれたのも彼でした。
そして、一日に何度もリゾート内で出会い、そのたびにとびきりのスマイルで挨拶をしてくれるんですね。
なんだか奥深いホスピタリティの片鱗を見せられた気がします。










(さて、次で締めくくりかなぁ・・・)
[PR]
by yossy-kmt | 2013-06-06 00:44 | 出来事&グルメ

【The 5th time】心のリゾート 海の別邸ふる川 後編 sanpo

AM5:00...
日の出を拝むために早起きしてデッキへと向かう。
前日の天気予報では晴れとのことでしたが・・・
f0077051_1321128.jpg






AM5:30...
うん、いい感じ。
まだラウンジに人影はありませんね。
f0077051_1236111.jpg
f0077051_12362893.jpg






AM6:10...
日の出直前に広がってきた雲に阻まれながらも、素晴らしい日の出を拝めました。
f0077051_123708.jpg
f0077051_12385923.jpg
f0077051_13271755.jpg
今日もいい一日になりそうです。










朝日を浴びながら、冷えきった身体を温める。
f0077051_12471525.jpg
f0077051_12474121.jpg
f0077051_12481165.jpg
f0077051_12483185.jpg
仕上げは源泉かけながし湯「大地の熱湯」で。





f0077051_13115926.jpg
モコちゃんは薄目開けつつもまだ夢の中(ベロ仕舞い忘れだよ)










朝食の時間になりました。
少し前から降り始めた雪であたり一面がみるみる真っ白に。
f0077051_1251756.jpg






「早春・虎杖浜の朝」
f0077051_12525375.jpg
f0077051_12533188.jpg
f0077051_12552594.jpg
f0077051_1257421.jpg
f0077051_1256154.jpg
f0077051_13392242.jpg
f0077051_12581226.jpg
f0077051_12574963.jpg
いつもながら、どれもこれもたいへん美味でございます。
特に、虎杖浜産のたらこはプチプチの食感が絶品ですね。
もちろん、お気に入りのベーコンもはずせません。





f0077051_12594756.jpg
f0077051_1312985.jpg
食後はラウンジで海を眺めながらフルーツをいただきます。










ふたたび露天風呂へ。
f0077051_1354440.jpg
f0077051_138087.jpg
この寝湯に身を任せて空と海を眺めていると、悪いものがすべて消えていくんですよね。
なんていうか、積もり積もった日々の小さな澱が綺麗さっぱりと。
とにかく、外気温が氷点下での露天風呂は時間の過ぎるのを忘れてしまいます。。。










f0077051_13152068.jpg
f0077051_139138.jpg
そろそろ帰路へ。
まるで絵画のような部屋からの眺めともしばしお別れです。










f0077051_13123237.jpg
f0077051_13137100.jpg
モコちゃん、また帰って来るからね♪










<おまけ>

僕が毎回オーダーする朝食のベーコンでございます。
f0077051_13162360.jpg
やっと買って帰ることができました。
とにかくジューシーで濃厚な味わいは絶品という言葉意外では表現できません。
薄くスライスしてカリカリに、厚めに切ってステーキっぽくしてもいいですね。

詳しくはコチラ→のぼりべつ酪農館

通販もしているみたいですが、ぜひ心のリゾート 海の別邸ふる川の朝食でご賞味いただきたいですね。











過去の記事はコチラ↓
【Heaven】心のリゾート 海の別邸ふる川 前編
【Heaven】心のリゾート 海の別邸ふる川 後編

【Pass the Summer】心のリゾート 海の別邸 ふる川へ行こう! 前編
【Pass the Summer】心のリゾート 海の別邸 ふる川へ行こう! 後編

[PR]
by yossy-kmt | 2013-04-24 14:20 | 出来事&グルメ

【The 5th time】心のリゾート 海の別邸ふる川 前編

東京ではすでに桜も早々に散り、日中は半袖で過ごせるほどになりましたが、3月のとある休日のことを今さらですが書きますね。










f0077051_22345657.jpg
f0077051_2235932.jpg
ちょっくら飛んでみたのですが、この頃はまだまだあたり一面は銀世界。
今回はルーティンの札幌行きとは違って、日ごろ溜まった澱を流すためにいつもの場所へと向かいます。










f0077051_952184.jpg
f0077051_9543778.jpg
f0077051_956294.jpg
抹茶と自家製の羊羹をいただきながらラウンジでチェックインをするという、すでにおなじみのスタイル。
ご存じ、心のリゾート 海の別邸ふる川でございます。

ちなみにココへの来訪は今回で5回目。
さすがに5回目ともなると、感動するという感覚とは違うまた別の感覚が芽生えますね。
それは、ひとことで言えば「安心」でしょうか。
ココへ一歩足を踏み入れた瞬間に「あ〜帰ってきたぁ」という安堵感に包まれるんですよね。
回を重ねるごとにその感覚が強くなっている気がします。

その感覚が理解できない!という方はぜひ過去記事をごらんいただきたいですね(笑)

過去の記事はコチラ↓
【Heaven】心のリゾート 海の別邸ふる川 前編
【Heaven】心のリゾート 海の別邸ふる川 後編

【Pass the Summer】心のリゾート 海の別邸 ふる川へ行こう! 前編
【Pass the Summer】心のリゾート 海の別邸 ふる川へ行こう! 後編


(あ、初回と2回目は記事にしてなかったみたいです。。。)










f0077051_10114688.jpg
モコちゃんも元気です!・・・というか、眠いみたいです。










今回も冬限定「IN 10:00〜OUT 12:00の26時間ステイプラン」でございます。
ということで、ラウンジでお昼ご飯をいただくことに。
f0077051_1017218.jpg
f0077051_10234960.jpg
f0077051_10144334.jpg
f0077051_10151772.jpg
f0077051_10154367.jpg
f0077051_101833100.jpg
f0077051_10245824.jpg
外はまだまだマイナス気温でしたが、全面ガラスのラウンジは本当に暖かで気持ちがいいんです。










そういえば、前回見かけた月桂樹がこんなに大きくなっていました。
f0077051_10222973.jpg
2012年7月





f0077051_1022406.jpg
2013年3月(ちなみに、同じ鉢ですよ)





f0077051_10253932.jpg
いやぁ、成長っぷりにビックリです。










f0077051_10274930.jpg
ラウンジで読書したり・・・





f0077051_10282564.jpg
お土産屋さんを覗いたり・・・





f0077051_10295845.jpg
f0077051_10313221.jpg
貸切風呂に入ったり・・・





f0077051_10321931.jpg
f0077051_10325782.jpg
スパで溶けたり・・・





f0077051_10341420.jpg
f0077051_10343192.jpg
f0077051_10345373.jpg
夕方になると、いつものようにラウンジの囲炉裏で温泉蒸しが振る舞われます。










f0077051_10595014.jpg
f0077051_110818.jpg
其処彼処に明かりが灯りはじめ、そろそろ夕食の時間が近づいてきました。










f0077051_113538.jpg
モコちゃんも何か欲しそうです。





f0077051_1135727.jpg
f0077051_114119.jpg
f0077051_1142336.jpg
ちゃんと「おすわり」「待て」「お手」ができるお利口さんです。










f0077051_1154879.jpg
f0077051_1162323.jpg
あたりの風景が青く変わるほんの少しの時間を泡とともに。





f0077051_1181667.jpg
f0077051_11492858.jpg
食前酒をいただきながら、本日のメニューに目を通す。





f0077051_119113.jpg
先付 芽ばえ和え





f0077051_1193912.jpg
造り 虎杖浜産ドナルドサーモン 前浜産平目 日高産つぶ 海胆 牡丹海老





f0077051_1111214.jpg
焼物 前浜産真鱈の残雪焼き





f0077051_11112084.jpg
酢物 室蘭産ソイの昆布〆と春野菜のりんご酢掛け





f0077051_11125295.jpg
台物 白老牛しゃぶしゃぶ





f0077051_1113926.jpg
蒸物 前浜産助たちと帆立の磯辺蒸し





f0077051_11134842.jpg
食事 前浜産蛸飯





f0077051_111425.jpg
デザート 山ぶどうソルベ 京人参牛乳プリン





今回もしっかり堪能させていただきました。
写真で味わってほしいので、感想は書きません。
過去記事をごらんになれば少しだけ感想が書いてありますが、本音を言えば実際に訪れて実感していただきたいのですよ。

調理長の三浦さん、いつもありがとうございます。





f0077051_1118376.jpg
f0077051_11183671.jpg
つい長居してしまうラウンジの心地の良さはいったい何だろう?










f0077051_1121421.jpg
f0077051_11212426.jpg
f0077051_1121527.jpg
明日の朝は日の出が見えるかなぁ・・・
[PR]
by yossy-kmt | 2013-04-18 13:12 | 出来事&グルメ

【Day off】m0851とl'art et la manière

f0077051_2143857.jpg
f0077051_2152859.jpg
帝国ホテルの桜が早々と満開になっていたある日の休日・・・










f0077051_2182891.jpg
銀座のm0851に行ってみました。










f0077051_21102177.jpg
f0077051_21103587.jpg
f0077051_2112646.jpg
f0077051_21121957.jpg
Design and made by Canadaであり、素材はイタリアンレザーというユニークなライフスタイルブランドでございます。
アウター・バッグ・アクセサリーのみならず、オリジナルの家具や生活空間をも展開しているとのこと。










今回入手したのはコレ↓
f0077051_21133710.jpg
f0077051_21135248.jpg
VACHETTA HORIZONAL SHOPPING、そして同素材のキーストラップでございます。
VACHETTA LEATHERとはイタリアトスカーナ地方原産の植物鞣しを施した革で、時間の経過とともに柔らかくなりツヤを伴っていい味が出るのだそう。
ガシガシ使い込める丈夫さも魅力ですね。

ちなみに、キーストラップは目立ちやすい差し色で。
同系色じゃバッグの中で探せないでしょ(笑)










f0077051_21153995.jpg
東京の街がトワイライトブルーに包まれるころ、とある場所へと向かいます。










f0077051_2356840.jpg
f0077051_23564625.jpg
ご存じ、銀座のl'art et la manièreでございます。










f0077051_21215678.jpg
f0077051_21233941.jpg
f0077051_9312731.jpg
f0077051_21242469.jpg
この素晴らしくステキな雰囲気に、思わず「うわーっ!」と声をあげて感激してしまいました、主賓でもないのにね(笑)

今回は友人の結婚祝いということで、せっかくなので特別に個室を用意していただきました。
(じつは個室の競争率、平日でもかなり激しいのです)










f0077051_21251733.jpg
ノンアルコールな僕は、ワインを作る前のブドウを完熟させた葡萄のジュースで乾杯です。










f0077051_21253199.jpg
f0077051_21263878.jpg
f0077051_21265140.jpg
アミューズとともに、おなじみPOINT ET LIGNEのパンが並びます。
バターは自家製のものが4種類、キャンディのようにひとつひとつ包んでありました。










f0077051_2127376.jpg
f0077051_21274854.jpg
f0077051_21281584.jpg
f0077051_21283371.jpg
f0077051_2129389.jpg
いやぁ、ちょっとご無沙汰している間に、かなりレベルが上がっているような気がします。
(もちろん、今までも相当なレベルだったのは言うまでもありませんが)

じつは、2012年9月からエグゼクティブシェフとして新たに杉浦功一氏が就任されたとのこと。
コンセプトは「フランスの延長線上にある『日本という地方』を表現すること」だそうです。
やはり、エグゼクティブシェフの交代というのは大きいですね。

今の日本にはいくつものグランメゾンが存在するけれど、某格付け誌なんかの星の数にかかわらず、間違いなくトップクラスのフレンチだと思います。

いやホント、料理が運ばれた時とそれを口にした瞬間、それぞれの皿で2回ずつ感嘆の声が出ますからね。
これで感動しなかったらどうかしてるぜって感じです(笑)










f0077051_21291868.jpg
f0077051_21293993.jpg
f0077051_2130136.jpg
食後は、アヴァンデセール・グランデセール・ミニャルディーズの三段攻め!
やはり、どれもこれも2回ずつ感嘆の声を上げてしまいましたね。










f0077051_2130532.jpg
末長くお幸せに!










今回は代表取締役の吉岡氏に大変お世話になりました。
どうもありがとうございました。










<おまけ>
f0077051_2157421.jpg
f0077051_21571690.jpg
タマさんはバッグをたいそうお気に入りのご様子でした。
たぶん自分のものと思ってますね(笑)
[PR]
by yossy-kmt | 2013-03-21 00:58 | 出来事&グルメ

【7.Sightseeing 2nd】Late Summer Vacation at THE NAM HAI





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Late Summer Vacation 2012】

【1.NRT to DAD】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【2.Check-in】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【3.A day at villa】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【4.Relax at Resort】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【5.Dinner】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【6.Sightseeing 1st】Late Summer Vacation at THE NAM HAI

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





f0077051_18184730.jpg
夜の帳があたりをつつみ始めるころ、この旅で唯一となるローカルでの食事へと向かいます。










f0077051_18195473.jpg
f0077051_19394737.jpg
f0077051_18211026.jpg
f0077051_18221487.jpg
f0077051_1820108.jpg
「SAKURA」というベトナム料理のお店です。
内装も雰囲気もなかなかGoodで、窓からは目の前のトゥボン川を望むことができます。










f0077051_18243747.jpg
f0077051_18244984.jpg
「SPECIAL SET MENU」をオーダーしてみた。
205000VNDだから、日本円で820円という安さ。
とはいえ、このお店はホイアンでは高級店なんですけどね。





f0077051_18251212.jpg
f0077051_182848.jpg
これは単品で注文したおなじみの「White Rose of Hoian」でございます。
ココのホワイトローズも美味!
ちなみにこれは日本円で260円也。





f0077051_18281690.jpg
f0077051_18294793.jpg
f0077051_18295953.jpg
f0077051_18301127.jpg
どれもこれも美味しい!
見た目は素朴だし、盛りつけのセンスなんかも気にしない。
やっぱりベトナム料理って、アジア各国の料理の中でも日本人の味覚に優しいんだね。










f0077051_18325487.jpg
f0077051_18335123.jpg
f0077051_1836471.jpg
f0077051_18362141.jpg
f0077051_18375910.jpg
f0077051_18374210.jpg
f0077051_18431585.jpg
f0077051_18433468.jpg
f0077051_18441237.jpg
f0077051_18435978.jpg
あまりにも昼間と違う風景に思わず見とれてしまう。
そして、空にはキレイな星たちも!










f0077051_18495248.jpg
f0077051_18502121.jpg
f0077051_18505753.jpg
f0077051_1854465.jpg
f0077051_18544821.jpg
街のいたるところで灯るのはホイアン名物のランタン、時の経つのも忘れていつまでも眺めていました。

あぁ、買って帰らなかったのが悔やまれます・・・
[PR]
by yossy-kmt | 2013-02-20 21:11 | 出来事&グルメ

【5.Dinner】Late Summer Vacation at THE NAM HAI

THE NAM HAIには2カ所のレストランがあります。

まずは、オープンキッチンで現代的なフュージョン料理・本格的インド料理・グリル料理などを楽しめるTHE RESTAURANTをご紹介します。
f0077051_2061734.jpg
f0077051_2063945.jpg
せっかくなので、満天の星空の下でいただくことに。





f0077051_2073043.jpg
Da Lat Organic Bettroot and Person Feta Salad





f0077051_2075565.jpg
f0077051_2082248.jpg
Lobster Ravioli





f0077051_209338.jpg
Rib Eye Steak





f0077051_23145893.jpg
どれもこれも美味すぎて感動してしまうほど。
雰囲気が良すぎる照明の暗さで、写真がイマイチなのが唯一の難点でしたが(笑)










もう1カ所はTHE BEACH RESTAURANTでございます。
ベトナム伝統音楽の生演奏を聞きながら、数々の地元名物料理を堪能できます。
f0077051_22503387.jpg
f0077051_2249217.jpg
椰子の木にランタンがいい雰囲気ですね。





f0077051_22515112.jpg
f0077051_2253281.jpg
おきまりのココナツジュースを。





f0077051_22534279.jpg
ホイアン名物ホワイトローズ





f0077051_22535566.jpg
生春巻





f0077051_22552064.jpg
ステーキだけどメニュー名忘れた





f0077051_22553646.jpg
シーフードフライドライス





f0077051_22575896.jpg
ここのベトナム料理はどれもこれも絶品でした。










f0077051_2302959.jpg
f0077051_2393885.jpg
次の日も同じくTHE BEACH RESTAURANTでいただくことに。





f0077051_2305358.jpg
f0077051_234070.jpg
ホワイトローズにハマりました(笑)





f0077051_2341993.jpg
THE NAM HAIのGMからスターターの盛り合わせのプレゼント。





f0077051_2344027.jpg
海老のなんとか(名前忘れた)





f0077051_23111435.jpg
猫も遊びに来ていました。





f0077051_2303864.jpg
ここの料理はとにかく絶品で、毎日食べても飽きないほど。
どれもこれも日本人の味覚にピッタリなのはやっぱりベトナム料理なんですね。





次回へ続く・・・
[PR]
by yossy-kmt | 2012-11-28 23:21 | 出来事&グルメ

【Lunch】"Out of AFRICA" at The Windsor Hotel TOYA

f0077051_23345985.jpg
f0077051_23382121.jpg
ちょっと飛んでみました。










f0077051_23421357.jpg
f0077051_23415515.jpg
所用はサッと済ませ、ランチへ行こうと思いクルマを走らせる。
向日葵もパワー全開、羊蹄山も元気ですね。










f0077051_2346521.jpg
ザ・ウィンザーホテル洞爺に着きました。
出迎えてくれたベルに名前を告げ、乗ってきたクルマをValetにお願いし、さっそく中へ。










f0077051_23474194.jpg
f0077051_23475846.jpg
このロビーからの景色は圧巻ですね。










f0077051_13223742.jpg
f0077051_2352555.jpg
2008年の洞爺湖サミットで使われたメモリアルテラスからの眺めも素晴らしい!










f0077051_23561591.jpg
サウスウィング11階に位置する鉄板焼のアウト オブ アフリカでございます。
ちなみにココはミシュランガイド北海道2012特別版にて1ツ星を獲得しているんです。

じつはミシュランガイド北海道2012特別版で3ツ星を獲得しているMICHEL BRAS Toya Japonに行きたかったのですが、この日は時間的に折り合いがつかず次の機会に。

しかし、2012年11月10日~18日にミシュラン3ツ星フレンチシェフ MICHEL BRAS来日記念フェアがあるので、氏の来日も含めてその時のお楽しみということで。










f0077051_23563389.jpg
目の前に洞爺湖と中島を望む最高の席に案内される。










f0077051_23591845.jpg
f0077051_021762.jpg
f0077051_0154618.jpg
ROYAL BLUE TEAQueen of Blue imperialをいただきながら、本日のメニューに目を通す。

ちなみに、このQueen of Blue imperialはモンドセレクションを2007・2008・2009と3年連続で金賞を受賞している逸品なのです。
そして、JAL国際線のファーストクラスでも供されているのはご存じのとおり。










f0077051_033010.jpg
f0077051_034458.jpg
f0077051_041220.jpg
f0077051_06244.jpg
本日の食材たちを眺めながら、前菜の「夏野菜のピクルスとフルーツトマトのマリネ」をいただく。










f0077051_065768.jpg
f0077051_071039.jpg
オホーツク産ホタテ貝柱のポワレと夏野菜のソテ パプリカのピューレ










f0077051_084746.jpg
f0077051_085897.jpg
北海道近海産ソイの香草焼き さわやかなグリーンソースを添えて










f0077051_0114727.jpg
「これは栗か、それともサツマイモか?」と思わせるホクホク感と甘味を蓄えた「インカのめざめ」が絶品です。










f0077051_012366.jpg
f0077051_0124848.jpg
f0077051_0242587.jpg
国産黒毛和牛、まずはサーロインから。










f0077051_0234237.jpg
f0077051_0235778.jpg
f0077051_0243694.jpg
続いて、ヒレ。

数種の塩とわさびソース・ポン酢・にんにく醤油が用意されているのですが、ほとんど何もつけずそのままでいただきました。










f0077051_0265585.jpg
厳選された北海道の食材を、一組に一人のシェフが丁寧に向き合って焼き上げる逸品の数々。
その華麗な手さばきに見とれつつ、いろんなお話を伺いながら美味なる時間を過ごすことができました。










f0077051_0292491.jpg
デザートは内浦湾を望むラウンジで。





f0077051_030789.jpg
f0077051_0302238.jpg
ホテル特製ソルベとフルーツ マカロンを添えて










f0077051_0381778.jpg
デザートでいただいたマカロンが美味しすぎて、サウスウィング1階にあるMichel Belinで買って帰りました。





f0077051_039186.jpg
f0077051_0392093.jpg
f0077051_0393267.jpg
あ、結局マカロンだけじゃ済まなかったんだけど(笑)










f0077051_0364777.jpg
f0077051_037123.jpg
酸素濃度の高い大自然に浄化されたいい休日でした。
[PR]
by yossy-kmt | 2012-08-23 14:40 | 出来事&グルメ

【Pass the Summer】心のリゾート 海の別邸 ふる川へ行こう! 後編

f0077051_22505332.jpg
夕食が終わって一息ついたあと、支配人に連れられてとある場所へと向かいました。





f0077051_2254359.jpg
館内のとある場所にある「太古の庭」というところです。





f0077051_2249596.jpg
庭というだけあって、もちろん屋外なのです。





ドアを開けて外へ出ると・・・





f0077051_22562927.jpg
f0077051_22564690.jpg
「お〜っ!」と、思わず声をあげてしまいました(笑)
目の前も上も右も左も、とにかく何も遮るものがない、まさに「プライベート天空デッキ」

しかもこの場所では、目の前に広がる海と空を独り占め(もしくは二人占め)なんです。
実際には充電式のキャンドルライトがポツリポツリと置いてあるだけなので、写真よりはもっともっと暗いのですが。。。

いやぁ、これはホントにいい雰囲気ですね。





f0077051_22595171.jpg
2人でちょうど良い大きさの籐のチェアーと、後ろにはゆらゆら揺れるつり下げチェアーがふたつ。





f0077051_233056.jpg
この日はあいにくの空模様だったので、目の前の風景はこんな感じでした。
しかし、ゆっくりと流れる雲と遠くに見える漁り火の瞬きを見ていると、時間が過ぎるのを忘れてしまいそうでした。





f0077051_2332572.jpg
天気が良ければ目の前にはこんな風景が広がるのでしょうね(2012年2月撮影)

利用者にはフリースの毛布とふたりで被れるポンチョ、そしてポットに入ったお好みのハーブティがサーヴされるので、夜はここで「無」になるのもいいですね。
昼間なら静かに本を読んだりとか・・・

まさに「太古の庭」と呼ぶにふさわしい素敵な空間でした。










f0077051_2353883.jpg
では、おやすみなさい。。。










f0077051_2364979.jpg
AM4:45・・・北海道の朝は早いのです。
空の機嫌がよいときは素晴らしく綺麗な日の出が拝めるのですが、あいにくこの日はご機嫌ななめでした。





f0077051_1462441.jpg
本当はこんな素晴らしい日の出を拝めます(2012年2月撮影)





f0077051_2314373.jpg
f0077051_2385047.jpg
さすがにこんな早朝、ラウンジには誰もいません。





f0077051_2316990.jpg
そして、誰もいない温泉を独り占めです。





f0077051_23163033.jpg
f0077051_23165577.jpg
しとしと降る雨に濡れながらの露天風呂もなかなかですよ。





f0077051_23174847.jpg
f0077051_231855.jpg
源泉そのまま、名付けて「大地の熱湯」・・・
でも、そんなに熱くはないので安心して入れます。





f0077051_23214179.jpg
風呂上がりにサロンでちょっと一息。





f0077051_23234127.jpg
モコちゃんはまだ夢の中みたいですね。





f0077051_23252235.jpg
朝食の時間になりました。





f0077051_23262443.jpg
「浜辺の朝」という和食の朝ご飯です。





f0077051_23281439.jpg
f0077051_23294766.jpg
f0077051_2330511.jpg
f0077051_23312051.jpg
f0077051_23313630.jpg
f0077051_23315833.jpg
f0077051_23324125.jpg
f0077051_23325931.jpg
伊達産の新鮮野菜や白老の原木椎茸、虎杖浜産のたらこや焼き魚はもちろん、クッタラ湖の天然水で炊いた蘭越産ななつぼしのご飯がとにかく美味しい!
いやぁ、すべてが美味しすぎるのですが、特にベーコンは絶品なので毎回必ずオーダーしてしまいます。
(館内で販売しているのですが、残念ながら売り切れでした・・・)





f0077051_23394756.jpg
こんな雨の日のしっとり静かな雰囲気もいいですね。





f0077051_23421644.jpg
まだ眠そうなモコちゃんと♪





f0077051_23422857.jpg
いつもお世話になっている、支配人の沢崎氏と。

僕は国内外いろんなホテルや旅館やリゾートに出かけるのですが、機会があれば必ず支配人にご挨拶をさせていただくんです。
そうすると、至極あたりまえなことなのですが「その場所に流れる空気感は支配人のお人柄そのもの」というのがわかるんですね。
もちろん、そこに働くスタッフさんの表情や動きや醸し出す空気の色も然り。

僕が何度も心のリゾート 海の別邸 ふる川へ帰ってくるのは、そこで働く方々によって創られるそういった空気感が恋しくなるからでしょうね。





じつは、氏にお会いして感じたのですが、沢崎氏のような方こそ「The支配人」と言えるのでは?・・・そんなふうに思っています。

なぜかって?





それは、心のリゾート 海の別邸 ふる川へ来てみればわかりますよ。





沢崎支配人はじめスタッフの皆さま&モコちゃん、今回も素敵な時間をありがとうございました!















<おまけ>

いつも愛くるしい表情でこのブログを飾ってくれるグレートピレニーズのモコちゃんですが、
じつはこんな風に撮影されているんです。





f0077051_2349164.jpg
これが・・・





f0077051_23492332.jpg
こうなります。










f0077051_2349566.jpg
これは・・・





f0077051_23502427.jpg
こんな風に。





やっぱり「上から目線じゃなく、同じ目線で」というのが大事なんですよね、何事も。










Fin.
[PR]
by yossy-kmt | 2012-08-02 00:05 | 出来事&グルメ

【Pass the Summer】心のリゾート 海の別邸 ふる川へ行こう! 前編

富良野から約2時間半ほど車で移動・・・
僕にとっての「帰ってくる場所」に着きました。





f0077051_058161.jpg
f0077051_104046.jpg
f0077051_0583579.jpg
ご存知、心のリゾート 海の別邸ふる川でございます。





すでにココへ来るのは4回目・・・いや、やっぱり「帰ってくる」と言ったほうが正解かな。

「なぜそんなに何回も?」

それは、ここには来てみないとわからない「なにか」があるからなんです。
心のリゾート 海の別邸ふる川 Official HPやガイドブックやクチコミサイトなどを読んだだけではわからない何か・・・
もちろん、このブログを見るだけでは到底わかるはずもありません。





ちなみに、2012年2月の様子はコチラ↓

【Heaven】心のリゾート 海の別邸ふる川 前編
【Heaven】心のリゾート 海の別邸ふる川 後編





ということで、今回は今までとはまた違った感じでご紹介したいと思います。
でも、実際に来てみるのが一番なんですけどね(笑)










f0077051_111257.jpg
いつものように、抹茶と自家製の羊羹をいただきながらチェックインを。





f0077051_123156.jpg
f0077051_152517.jpg
今回はあいにくの天気ゆえ、空も海も青くありませんが、それはそれでまた静かな雰囲気を漂わせていていい感じです。





f0077051_1172924.jpg
札幌農学校というミルククッキーをいただいてちょっと一息。





f0077051_185243.jpg
f0077051_19498.jpg
部屋にある鏡のカバーはおそらくハンドメイド。
いやぁ、いい味を醸し出しています。





f0077051_121660.jpg
そして、この台詞がニクいですね。
こういう感性、個人的には大好きだったりします。










お風呂に行く途中、ラウンジから何やらいい匂いが・・・
f0077051_114485.jpg
f0077051_1215512.jpg
f0077051_124114.jpg
毎日16時半から「温泉蒸し野菜」が振る舞われるのです。
これに自家製の天然塩をふりかけていただくのですが、甘くて深みのある味わいに大満足です。

そしてこの日は「室蘭うずら」もありました。
ちなみに、この「室蘭うずら」は北海道でのシェアが100%だそうです。

こういうとき、美味しいという言葉以外に何と言えばいいのでしょうか?










そして・・・
f0077051_1272448.jpg
f0077051_1283013.jpg
f0077051_129416.jpg
看板犬の「モコちゃん」です。
このうれしそうな顔!
前回会った半年前より、ますます大きくなっていました。
モコちゃんのこの笑顔に会えたとき、「帰ってきてよかった」と思える瞬間です。





f0077051_1324026.jpg
f0077051_1332034.jpg
やっぱりこういう感性って素敵ですね。





f0077051_140668.jpg
f0077051_1402324.jpg
ラウンジには白いグランドピアノもありますが・・・ちなみに僕は弾けません。





f0077051_1585344.jpg
f0077051_1595892.jpg
f0077051_201875.jpg
f0077051_222745.jpg
誰もいない露天風呂で何も考えずに海を眺めながら、ただ過ぎてゆく時間を楽しむ・・・
ここでも「帰ってきてよかった」と思える瞬間です。





f0077051_219440.jpg
お土産屋さんを覗いたり・・・





f0077051_2175616.jpg
TANNOY EDINBURGHが奥行きのある深い音を奏でるライブラリーで寛いでみたり・・・





f0077051_2242484.jpg
f0077051_224419.jpg
喫煙ルームにはこんな見慣れた物もあります。










f0077051_232144.jpg
あたりがTwilight blueに包まれる時間になりました。





f0077051_1241141.jpg
モコちゃんはご機嫌でしたが・・・





f0077051_1245461.jpg
「ご飯に行ってくるね」と言うと急に寂しそうな顔になりました。










f0077051_11394843.jpg
f0077051_11415982.jpg
お楽しみの夕食の時間です。





f0077051_1145344.jpg
f0077051_11441053.jpg
食前酒をいただきながら「白老 自然の恵み」と「今月の特選食材」に目を通す。





f0077051_11425938.jpg
今回は「白老牛会席膳」でございます。



f0077051_1147138.jpg
先付 枝豆滝川豆腐



f0077051_11472644.jpg
造り 平目 虎杖浜産ドナルドサーモン 海胆 日高産つぶ 牡丹海老



f0077051_11481631.jpg
小鉢 白老牛ビーフシチュー



f0077051_11483555.jpg
f0077051_11484911.jpg
焼物 虎杖浜産大助アスパラ巻き



f0077051_115018100.jpg
酢物 前浜産蛸洗い たで酢掛け



f0077051_11503578.jpg
台物 白老牛ステーキ



f0077051_11505156.jpg
蒸物 とうもろこしやわらか蒸し



f0077051_11512530.jpg
食事 新生姜ご飯



f0077051_11515150.jpg
デザート ハスカップアイス パイン寄せ 苺





僕はあまりボキャブラリーがないので、うまく表現することができないのですが・・・
何度リピートしても飽きない・・・いや、むしろ回を重ねるごとに感動が増してゆくこの感覚ってどう表現すればいいのでしょうか?

その一皿一皿を五感のすべてで味わう至福のひととき・・・これも「帰ってきてよかった」と思える瞬間です。










f0077051_1264129.jpg
f0077051_1265840.jpg
モコちゃんも今日一日「勤務」を終えて眠くなりました。










f0077051_11524395.jpg
じつはこのあと、とても素敵な時間が待っていたのです・・・





(後編に続く)
[PR]
by yossy-kmt | 2012-07-27 01:42 | 出来事&グルメ

【Short Trip】メコノプシスとスズランとノイシュロス

f0077051_2345459.jpg
先日、とある花の便りを聞き「これは4年越しにやっと見れるかも!」ということで、サクッと飛んで行ってみました。










f0077051_23493384.jpg
f0077051_23501742.jpg
滝野すずらん丘陵公園でございます。
ちなみに、ここは国営の公園だそうで・・・どおりでいつ行ってもしっかりと管理が行き届いているわけだ。










f0077051_283969.jpg
総面積395haという想像もつかない広大な敷地。
今回はそのごく一部(MAPの真ん中より少し右上あたり)の「カントリーガーデン」を訪ねてみた。





f0077051_285510.jpg
そのカントリーガーデンはこんな感じです。










f0077051_2354546.jpg
エントランスを抜けると・・・










f0077051_23542727.jpg
f0077051_03343.jpg
f0077051_2355346.jpg
f0077051_2359401.jpg
f0077051_23554954.jpg
f0077051_23595127.jpg
f0077051_23563345.jpg
いきなり色とりどりの花たちが出迎えてくれます。
ちょうど「パンジー・ビオラCollection2012」が開催されていて、その数は500品種にものぼるのだとか。










f0077051_082876.jpg
f0077051_094386.jpg
f0077051_014196.jpg
f0077051_0161956.jpg
こんな北海道ならではの風景を堪能しつつ、目的の花を目指して進みます。










f0077051_0191641.jpg
そう、スズランでございます。
短いシーズンゆえ、なかなか巡り会えなかったのですが、4年越しでやっと出会えました。





f0077051_021954.jpg
白樺の林の中に5万球のスズランが咲いているということで、あたりにはスズランの優しい香りが漂っていました。





f0077051_0273877.jpg
f0077051_02750100.jpg
f0077051_0281987.jpg
「幸福」「純潔」「純愛」などという花言葉や可憐な姿とは裏腹に、強い毒性を持つ花というのはご存知のとおり。
ん?誰かさんみたいだって??(笑)










f0077051_0311334.jpg
そして、もうひとつ見たい花があったので目指して歩く。





f0077051_0321965.jpg
「花人の隠れ家」に入って行きます。





f0077051_0343671.jpg
ずんずん進んで行くと・・・





f0077051_0421379.jpg
f0077051_042545.jpg
f0077051_0432934.jpg
f0077051_0445100.jpg
f0077051_0444797.jpg
「メコノプシス・グランディス」でございます。
花が広がると手のひらくらいの大きさにもなり、別名「ヒマラヤの青いケシ」とも言い、ブータンの国花でもあります。
ヒマラヤ山脈やチベットやミャンマーなどに分布し、標高3000mから5000mの高地に生息するそうで「幻の花」と言われるほど栽培が難しいのです。
いやぁ、これも3年ぶりに見ることができてよかったです。










f0077051_0532084.jpg



f0077051_0535447.jpg



f0077051_0543881.jpg



f0077051_055911.jpg



f0077051_0553773.jpg



f0077051_058466.jpg
ここは、いろんな場所でなにげなくシャッターを切るだけで雰囲気のある写真が撮れてしまうんです。

四季折々さまざまな花を咲かせる滝野すずらん丘陵公園は、札幌の中心部から約20kmというアクセスの良さも魅力ですね。










f0077051_1253973.jpg
f0077051_126744.jpg
またまたホテル ノイシュロス小樽へランチにお邪魔しました。





f0077051_1263193.jpg
f0077051_1293672.jpg
見慣れたインテリアも素敵です。





f0077051_1275077.jpg
f0077051_1283793.jpg
おなじみ、フレンチレストランのブラウキュステでございます。





f0077051_1375099.jpg
仁木・余市町のファーム藤田さん直送の「生食用トマトをそのまま絞ったジュース」でスタート。
酸味がなくて自然な甘さが、かなり感動的です。





f0077051_1304774.jpg
f0077051_131329.jpg
f0077051_131267.jpg
f0077051_1314167.jpg
f0077051_1322325.jpg
f0077051_1324153.jpg
いつもながらの五感を満足させてくれる料理の数々に、幸せを感じずにはいられません。





ここで僕が稚拙な感想を語るよりも、ぜひこれを読んでいただきたいですね↓

ホテル ノイシュロス小樽 食のこだわり

総支配人・総料理長 兼崎義明氏ご挨拶

心地よい時間をいつもありがとうございます。





ということで、梅雨まっ盛りのジメジメした東京から離れ、気持ちのいい春を満喫してきました。
[PR]
by yossy-kmt | 2012-06-28 03:43 | 出来事&グルメ