カテゴリ:出来事( 228 )

【Entry】極楽ねこカレンダー2014

ペットフードでおなじみアイシアの毎年恒例のイベント、極楽ねこカレンダー フォトコンテストが今年も開催されます。

今回タマさんも極楽ねこカレンダー2014へエントリーしました!





ぜひ、たくさんの投票をお願いします!





見事1位を獲得した暁には、タマさんから…

「弾力抜群、タマさんのヒゲ」のプレゼントがあります!





投票はここをクリック!
f0077051_8501981.jpg

[PR]
by yossy-kmt | 2014-07-25 08:52 | 出来事

【Interviews】タマさんへの手紙 追伸

ヘアデザイナーをはじめ、さまざまな方面でマルチな才能を発揮するYoshiyukiさん。
猫と暮らすのは初めてというYoshiyukiさんは今、地域猫だった愛猫タマさんと暮らしています。
推定11歳とは思えないほど元気なタマさんは、光り輝く宝石のようなグリーンの瞳で幸せな暮らしっぷりをアピールしていました。
f0077051_23543975.jpg




タマさんとの出会いから現在までを手紙形式で綴ったタマさんへの手紙 前編タマさんへの手紙 後編が話題沸騰ですが、そのあたりについての感想を・・・

「タマさんと暮らしはじめてから、いつか書きたいと思っていたことが1年という節目でやっと書けたという感じです。あれを読んでくださった方が、少しでも生き物を愛することの素晴らしさを感じていただけたら嬉しいですね。もちろんそれは、猫だけじゃなく動物全般に言えることなんですけど。いやぁ、猫と暮らすことなんて現実的にはあまり考えてなかったんですが、タマさんとの出会いは運命で必然だったんだと勝手に思っています(笑)」



f0077051_030075.jpg
f0077051_105592.jpg




では、そんなタマさんの性格は?

「ひとことで言えば、良家の御令嬢といった感じでしょうか(笑) 本当によくできた子です。もともとの性格なのか、以前飼われていたときの躾なのかわかりませんが、人間社会のルールをしっかり理解した中で自由にしているというか。早朝のひとり運動会と歌自慢は毎日欠かさないという猫らしい一面もありますけどね」



f0077051_0472059.jpg
f0077051_121340.jpg




じゃあ、いたずらはしない?

「はい、まったく。人間の食べ物に手を出さない、トイレの前後にはちゃんと報告する、むやみにいろんなところに上がらない・・・とか。実際、タマさんと暮らすようになって僕が不利益を被ったことは皆無です。なので、我慢してるんだったらもっと自由にしていいんだよっていつも話してるんですよ。ま、僕がいない時にはいろいろ自由にしてるんでしょうけどね(笑)」



f0077051_0564991.jpg
f0077051_131894.jpg




さて、全治2ヶ月超の大ケガを克服したタマさんですが、そのあたりについて何か・・・

「あの時はまさにタイミングでした。いろんな歯車がきっちりと合わさったみたいな。何かひとつが欠けていても今のタマさんと僕はなかったですね。当時からずっとお世話になっている吾妻橋動物病院の方々も本当に良くしてくださって、猫と暮らすことに関してはまったくの素人な僕にいろいろとご教授下さいました。まあ、あの時は何も考えずに無我夢中でしたし、何があってもくじけないぞ負けないぞっていう信念はありましたから。世界で一番幸せな猫にしてやるんだ!って本気で思ってましたしね。なにより、長期にわたる辛い治療をおとなしくがんばってくれたタマさんに感服です」



f0077051_121816.jpg
f0077051_1213047.jpg




それからのタマさんは何か病気などは?

「いたって健康体です。外猫時代は目と鼻が弱かったのかいつも涙目で目ヤニもひどく、だいたい毎日くしゃみ鼻水だったのですが、今はまったくなくなりましたね。大体1ヶ月か1ヶ月半に一度、爪切りと耳そうじに病院に行くのですが、その時に健康チェックも一緒にしてもらっているんですよ。そうだ、もうそろそろ健康診断に行かなきゃ」



f0077051_1335478.jpg
f0077051_134132.jpg




ご飯や食器などのこだわりは?

「最初はいろいろと試してたのですが、だんだん好みがわかって来て、今はモンプチのささみに魚介とチキンのコンソメスープを混ぜたものが一番好きみたいです。ドライはシーバをいろんな種類をとり混ぜて。このごろはロイヤルカナンのエイジング+12も好んで食べますね。あとは、AHCCというサプリメントの猫用を毎回ご飯に混ぜています。僕も知人に勧められて数年前からAHCCを飲んでいるのですが、何年も風邪ひとつひかないのはこのサプリの免疫力アップの効果なんですよ」



f0077051_1473380.jpg
f0077051_2126987.jpg




「これ、名付けて”タマさんカフェ”なんです(笑) 食器は、東北の一本杉をくりぬいて作ったという”まんま台”というのを使っています。床に直置きよりも少し高さがあって食べやすいようです。水容器は寸胴型の安定したものがなかったので、”たち吉”のご飯用おひつの磁器を使っています」



f0077051_1543040.jpg
f0077051_21184465.jpg




トイレに関してはどうですか?

「いろいろと試した結果、今は花王のニャンとも清潔トイレを使っているのですが、機能的にもデザイン的にもいいですよ。パウダーエリアに置いているのですが、ニオイがまったく気にならないのはすごいですね。タマさんはよく水を飲んでよくオシッコをするので、このトイレが大活躍です」



f0077051_221648.jpg
f0077051_223669.jpg




タマさんはおもちゃで遊んだりしますか?

「最初の頃は全然見向きもしなかったので、高齢だからかなぁって思ってたんですが、たぶんケガの痛みとかもあってそれどころじゃなかったんでしょうね。今の家に引っ越して包帯が取れてからはものすごく走り回るようになりましたよ。タマさんのおもちゃはたくさんあるのですが、お気に入りはシマシマのネズミとピンクの猫じゃらしです。狩猟本能が剥き出しになります(笑) 夜中にひとりで追っかけ回してるみたいですよ」



f0077051_2212776.jpg
f0077051_2203631.jpg




「爪研ぎはタマさんファンの方からのプレゼント。いつもスリスリして私のものよ!ってアピールはしてるのですが、なぜかこれでガリガリはしないんですよね。そのかわり、爪研ぎはリビングのラグで思う存分やってますよ。かなり毛足が長いので気持ちいいんでしょうね。あ、でもこの爪研ぎ、デザインがかわいいのでむしろ僕がお気に入りです」



f0077051_221531.jpg
f0077051_22262366.jpg




あとは何かこだわりとかありますか?

「以前ベトナムのホイアンに旅行した時に、いろいろとお世話になったシルクの工房があるのですが、そこのハンドメイドの刺繍がすごく気になったので、タマさんの写真でオーダーして作ってもらいました。総シルクで完全なオーダーメイドなのでかなり高価になってしまいましたが。完成まで2ヶ月くらいかかったのですが、送られて来たのを見てその細かい描写に感動しました。まぁ、ちょっとふっくらした感じはご愛嬌ってことで。刺繍の大きさはA4サイズくらいなので、これから似合うフレームを見つけるのが楽しみです。でも、結局フレームもオーダーメイドになったりして(笑) あと、一緒に暮らしはじめてからの抜けたヒゲはすべて集めています。これ、愛猫家にとっては常識ですよね?」



f0077051_223569.jpg
f0077051_2232556.jpg




聞くところによると、タマさんは時々お仕事をしているとか?

「はい、タマさんだけにたまに(笑) 今年の春頃から母の入院先に会いに行ってるんですよ。母の希望だったのですが、大ケガを克服して元気になったタマさんのご利益がありますように・・・ということで。やっぱりタマさんには不思議な力があるんですね、あらためて実感しました」



f0077051_2305672.jpg
f0077051_2313832.jpg




「タマさんはホントに人間が大好きというか、いい感じに愛嬌を振りまいて人の心を和ませるんですよ。年末年始に帰省した時も、父の部屋でしばらく寛いだら、次は母のそばで同じようにのんびりしたり。そういう性格だから、外猫時代もいろんな人にいっぱい愛されてたんだろうな・・・と」



f0077051_23112345.jpg
f0077051_2311423.jpg




では、タマさんにとってYoshiyukiさんはどういう存在に見えているのでしょうか?

「どうなんでしょうね・・・ただの”ご飯おじさん”とか(笑) でも、僕のことをいつも見ているのは確かですね。それは遠くからだったり、すぐそばだったりいろいろなんですが、ただ見ているというより見守っているという感じです。僕が風呂やトイレの時はドアの前で待ってるし、たまにリビングの床に寝てしまった時は気づいたらじーっとそばで僕のことを見つめていたりとか。タマさんは子供を見守る母親みたいな感覚なんでしょうか。ずっと一緒にいても何ひとつ僕の邪魔をしないので、本当に繊細で優しい心の持ち主なんだろうなって思います。ベタベタしすぎず控えめに寄り添って眠る姿とか、たまらなく可愛いですね」



f0077051_23153383.jpg
f0077051_2317459.jpg
f0077051_23303632.jpg
f0077051_23371948.jpg
f0077051_2341534.jpg
f0077051_23432767.jpg
f0077051_23332211.jpg











遡ること今から5年前、それは不動産屋の手違いの時点ですでに始まっていたのかもしれない。いや、手違いも起こるべくして起こったのでは?と思わずにはいられない、そんなタマさんとYoshiyukiさんの出会いの物語。
従順だけど奔放で自由気ままなタマさんのYoshiyukiさんに対する絶大な信頼感、そして程よい距離感でタマさんと触れ合いながら共に歩んでいくというYoshiyukiさんの大きな愛情を、今回お話をうかがう中で感じました。
Yoshiyukiさんの「タマさんにたっぷりの愛情を注ぐことが今までの恩返しだと思っている」という言葉がとても印象に残っています。

タマさんへの手紙 前編
タマさんへの手紙 後編




f0077051_1372925.jpg











Photo : Yoshiyuki Kasamoto
Interview&Edit : MKR (Star News)
[PR]
by yossy-kmt | 2013-11-14 01:40 | 出来事

【Birthday】タマさんへの手紙 後編

f0077051_2125822.jpg
(【Birthday】タマさんへの手紙 前編→ここをクリック


タマさんへ

生きていてくれて本当によかったよ。
10歳を過ぎていたってことだったから、思いたくなくても最悪の事態が頭に浮かんでいたのは事実。
左の前脚が見えないって聞いてたし、僕が駆けつけたときもよく見えなくて・・・

その日は夜だったから声をかけるだけにして帰ったんだけど、あなたのことが気になって眠れなかったんだよ。
夜中に何度も様子を見に行こうか悩んだんだけど、怖がらせちゃいけないと思ってじっと夜が明けるのを待ったんだ。

そうそう、あなたが身を潜めていたところ、僕のマンションの隣の廃屋みたいなところだったんだよ。
もっと早く気づいてあげればよかったね。。。

夜明けとともにあなたの様子を見に行ったら、奥のほうでまだ寝ていたよね。
「タマさん、来たよ」って声をかけたら、左前脚を浮かせて不自由に歩きながら「ニャー」って出てきてくれたよね。
もうね、この時を逃がしたら二度と会えないような気がして・・・

無我夢中であなたを抱きかかえたんだよ。

気がついたら、あなたは僕の家の中をパトロールしていたね。
暴れることもなく騒ぐこともなく、ちょっとだけニャーニャー言いながら、気が済んだら僕のベッドの上でじっとしていたよね。
f0077051_23553413.jpg
じつはその時、あなたの左前脚を見て、たいしたことないなって思ってたんだ。
ちょっとケガしてるけど、少ししたらすぐ治るだろうって。

幸いなことに、なぜか数日前に「ふうん、ここに動物病院があるんだ・・・」って近所の病院を見つけていたんだよ。
すぐに電話番号を調べて連絡したんだ、診療開始よりもずいぶん早くにね。
親身になっていろいろと聞いてくれて、すぐに連れてきてくださいってことだったので、あなたを洗濯ネットに入れてダンボールで連れて行ったんだ。
でも、洗濯ネットいらなかったね、自分から入ったし全然暴れなかったもんね。

「今日から僕がこの子の面倒を見ます!だからできることは全部やってください!」
「この子が苦痛を感じないようにお願いします!お金はいくらかかってもかまいません!」


シャンプーや爪切りや耳そうじやノミ取り、血液検査や尿検査もやってもらい、午後からはケガの治療だったね。
先生も消毒だけで済むと思っていたらしいんだけど、肉球が断裂して開放骨折も2カ所、さらに化膿もひどくて予想外に難航するかもって言ってたんだ。

全身麻酔で手術もしたね、よくがんばったね。

あとで聞いたんだけど、もう2〜3日遅かったら切断は避けられなかったらしい。
そして、このまま誰にも見つけてもらえなかったら、化膿したところから菌が全身に廻って、たぶんそのまま・・・
そんなふうに先生が話してくれたんだ。

だから、あの時がきっと最後のチャンスだったのかもしれないね。










f0077051_21442316.jpg
僕の家で過ごす初めての夜、トイレもちゃんとできたね。
きっと痛いはずなのに、騒ぐことなく静かに過ごしていたね。
でも、この時は化膿を完全に取るために傷口を開けたままだったんだよね。










お腹が空いてたのか、ご飯もたくさん食べたね。
最初の日、病院で計ったら体重は2.6kgしかなかったんだよ。
たぶん、一週間ほとんど何も食べてなかったんだね。
f0077051_22345329.jpg
f0077051_2335656.jpg
写真を撮ろうとしても待ちきれなかったもんね。










ほとんど毎日病院にかよったよね。
傷の洗浄と消毒も、暴れることなくおとなしくがんばったね。
そういえば、病院に着いてもキャリーの中で固まっていたね。
f0077051_23303945.jpg
f0077051_23311578.jpg
f0077051_23314056.jpg
でも、帰るときは急いで入ってたよね、「じゃあな!」みたいな感じで。










この頃は、ホントによく寝てた気がする。
食べて寝て、しっかり体力をつけようとしてたんだね。
f0077051_23414735.jpg
f0077051_23422357.jpg
f0077051_23424860.jpg
おかげですぐに体重は4kg近くになって、みるみる元気になっていったよね。










全身麻酔での手術を2回、その後も驚異的な回復力で、少し余裕が出てきたのか、バンテージを噛み噛みしてほどこうとするようになったよね。
だから、僕はあなたのためにこんなものを作ったんだ。
f0077051_2346577.jpg
これで肘まで届かなくなったんだけど、ちょっとカッコ悪かったから・・・










f0077051_23483568.jpg
f0077051_2350910.jpg
f0077051_23503818.jpg
f0077051_23505883.jpg
ね、よくなったでしょ。










いっぱい病院にも行ったから、先生も看護師さんもタマさんが来るのを楽しみにしてくれてたね。
f0077051_2241979.jpg
f0077051_22414277.jpg
f0077051_224284.jpg
看護師のお姉さんにいっぱい甘えてたね。










2012年12月・・・年内にはケガが治って包帯が取れるかもしれないって聞いたんだ。
タマさんのケガが治って、もっといっぱい走り回ったり、日向ぼっこできたり、いろいろ探検できたり・・・
そんな元気いっぱいなタマさんが見たくて、僕は引っ越すことにしたんだ。
f0077051_224945.jpg
f0077051_22493468.jpg











そして、2012年12月25日・・・
f0077051_22531348.jpg
2ヶ月に及んだケガの治療も終わり、晴れて左前脚の包帯が取れたんだよね。
本当によくがんばったね。
きっと毎日お利口さんでがんばったタマさんへの最高のクリスマスプレゼントだったんだよ!










f0077051_22555697.jpg
新しいお家も気に入ってくれたみたいでよかった。(不機嫌そうな顔だけどねw)










f0077051_2324588.jpg
f0077051_2351665.jpg
f0077051_236635.jpg
f0077051_2383315.jpg
陽射しがたっぷり降り注ぐ、ふわっふわのラグでのんびりしたり・・・










f0077051_23334054.jpg
f0077051_2334536.jpg
f0077051_23344224.jpg
f0077051_2335916.jpg
本気で飛び跳ねたり・・・










f0077051_233909.jpg
f0077051_23392812.jpg
f0077051_2340176.jpg
日向ぼっこしたり・・・










f0077051_2350926.jpg
f0077051_0233898.jpg
f0077051_23533284.jpg
f0077051_2354478.jpg
f0077051_020349.jpg
f0077051_23553226.jpg
f0077051_0175348.jpg
いろいろ自由にやってるね。










f0077051_23572374.jpg
f0077051_23574452.jpg
読書もできるし・・・










f0077051_0483537.jpg
f0077051_039321.jpg
f0077051_0393281.jpg
f0077051_039511.jpg
f0077051_0402720.jpg
f0077051_043129.jpg
おすまし顔も得意だよね。










タマさん、あなたと一緒に暮らすようになって、あなたは僕に大切なことをいろいろと教えてくれたね。
f0077051_04521100.jpg
f0077051_0454554.jpg
f0077051_0301758.jpg
f0077051_0244221.jpg
f0077051_051833.jpg
もう、外にいた頃のように、寒くないし暑くないし、美味しいごはんもきれいな水もたくさんあるからね。

これからも、いつまでも元気でいてくれることを願っているよ。

タマさん、いつもありがとう。





「あなたがその猫を選んだのではなく、猫があなたを選んだのです
あなたがその猫を飼っているのではなく、猫がいつもあなたの傍にいようとするのです」   ジャンナッツ・ドレス






追伸へ続く)
[PR]
by yossy-kmt | 2013-11-01 01:25 | 出来事

【Birthday】タマさんへの手紙 前編

f0077051_0223797.jpg
タマさんへ

2013年10月22日、あなたを家族として迎えてちょうど1年になりました。
この1年、あなたは数えきれないほどたくさんのものを僕にくれましたね。
ホントにいろいろありすぎて、ここには書ききれないくらい。
そして、毎日元気でいてくれてありがとね。

f0077051_0262989.jpg
まぁ、いつもこんな感じで聞いてないと思うけどね。










そういえば、タマさんと初めて出会ったのは2008年の春だから、もう5年半になるんだね。
ある日、近所の公園を散歩した時に、寝ていた野良猫の写真を撮ったのがこれ。
f0077051_0315753.jpg
この時は「ああ、公園で寝てるのか」くらいにしか思わなかったんだ。

その頃、僕はタマさんが暮らしていた公園のすぐそばに引っ越してきたんだけど・・・
じつを言うと、ホントは違う場所の物件に申し込みをしていたのが、業者のミスで手続きされていなかったんだよ。
で、急遽ちがう場所の物件を手配してもらったのが、タマさんの暮らす公園のそばだったってわけ。

当初の予定どおりだと、たぶんタマさんには出会わなかっただろうね。
もしかしたら、この時からなにか引き寄せられたのかなぁって思ってるよ、僕は(笑)










それからしばらく、ものすごいスピードで過ぎていく毎日に流されながら、僕はあなたのことをほとんど忘れていたのかもしれない。
そして、2010年の春、マンションの駐車場で寝てる猫がいたので写真を撮ったのがこれ。
f0077051_0583880.jpg
タマさん・・・PUMAですか。





f0077051_173261.jpg
いいえ、TAMAです。










おっと失礼。。。










ホント、タマさんはいつも自由に暮らしていたよね。
f0077051_1303035.jpg
f0077051_133474.jpg
f0077051_133780.jpg
f0077051_135269.jpg
f0077051_1363848.jpg
f0077051_1392611.jpg
f0077051_1424336.jpg
f0077051_1451124.jpg
f0077051_1462694.jpg
f0077051_1474973.jpg











たまに野生の本能が出たりしたけど・・・
f0077051_1493191.jpg
f0077051_1495638.jpg
いつも逃げられてたよね。










そして、いつのころからか・・・
f0077051_1524616.jpg
f0077051_1531266.jpg
f0077051_155224.jpg
f0077051_1552638.jpg
f0077051_1555672.jpg
僕を友達として認めてくれたよね。










その頃から、毎日僕を見送ってくれたり、ふたりの距離がぐっと縮んだ気がするんだ。
f0077051_213699.jpg
f0077051_263218.jpg
f0077051_232295.jpg
f0077051_275515.jpg
f0077051_243721.jpg
f0077051_295981.jpg
でもね、道路の真ん中でそんなふうに寝てるのは危なかったよね。










一眼レフも最初は怖がってたけど、すぐに慣れてくれたね。
f0077051_2131793.jpg
f0077051_216080.jpg
f0077051_218297.jpg
f0077051_2194193.jpg
f0077051_2231650.jpg
f0077051_2233658.jpg











思えば、何度も何度もいろんな季節を過ごしてきたんだよね。
f0077051_3274094.jpg
f0077051_331850.jpg
聞くところによると、この頃すでに10歳になっていたんだよね。
あなたはいつも涙目だったし、いつもくしゃみをしていたし、何度か僕の家の前まで来てたよね。
毎朝、雨の日も雪の日も、路地の端まで見送ってくれたり、夜は疲れて帰ってくる僕に通せんぼをしたり
お腹を見せて撫でろと催促したり、おやつの干しカマをせがんだり・・・
そんなあなたに会うたびに、どれだけ僕は元気づけられ助けられたんだろう。
本当に数えきれないほどの「何か」を、あなたは僕にくれたね。

だから、そのうちいつか、あなたを家族に迎えるつもりでいたんだよ。

そのうちいつか・・・










そして・・・










2012年10月4日
f0077051_226157.jpg
なんだかすごく寂しそうな目をしていたね。





2012年10月11日
f0077051_227446.jpg
何かを訴えるような目をしていたよね。





2012年10月14日
f0077051_2275955.jpg
僕が仕事に行く前にこの写真を撮ったあと、あなたは行方不明になったんだよね。





いつもあなたのお世話をしたり、あなたと遊んだり、あなたのことを気にかけてくれていたたくさんの人たちが
あなたのことを心配してみんなで探していたんだよ。

ある人がこう言ってたんだ・・・
「あの子はもう高齢だから、もしかしたらもう・・・」

僕は、そんなことあるわけない!って信じていたんだけど
f0077051_23706.jpg
ここには、もう二度と戻ってくることはなかったよね。










あなたが行方不明になって1週間後の2012年10月21日、ある方からメールが届いたんだよ。



「タマさんがいたよ!見つかった!でもね、片方の前脚が見えないんだよ。狭くて入れない場所だから出せないし、人間をひどく恐れてるみたいなんだ」



そして、そのあと仕事を終えてすぐに駆けつけたんだよ、タマさんおぼえてる?
僕が「タマさん、来たよ。そこにいる?」って言ったら顔を見せてくれたよね。
f0077051_247979.jpg
生きててくれた!よかった!










後編に続く・・・)
[PR]
by yossy-kmt | 2013-10-24 03:04 | 出来事

【Photo】発光都市 TOKYO PHOTO EXHiBiTiON

f0077051_019689.jpg
太陽光の届かない夜の東京は「光都」と呼ぶにふさわしいほどの
昼の姿とはかけ離れた表情を宇宙に向けて放射し続けている。

そんなメガロポリス「TOKYO」の広大な光の海を
唯一確実に捉えることの出来る方法はヘリコプターからの空撮だった。
東京の光の海の上空にぽつんと浮かべたヘリコプターから
恐怖と寒さに凍えながら撮影した。

約10,000フィートの高さから見える眼下に広がる光のひとつひとつには
人々が暮らす暖かい場所が存在する。

それだけは確かなことだ。











47歳最後の日、最終日の7月13日に行ってきました。
f0077051_021145.jpg
f0077051_0213089.jpg
渋谷駅から井の頭通りを新宿方面に歩くこと約10分、そこにGallery muがあります。










f0077051_0222055.jpg
f0077051_0224439.jpg
f0077051_0231519.jpg
「航空写真家 野口克也」の世界が広がっていました。










f0077051_0242368.jpg
f0077051_0245680.jpg
f0077051_0252564.jpg
夜とはいえ、茹だる暑さの中を歩いた身体からはとどまることを知らない汗。
渇ききった喉に辛口のジンジャエールが心地よい。










f0077051_0255722.jpg
f0077051_0261532.jpg
「NIPPON MINIATURE PROJECT」のボックスパネルも展示販売されていました。










f0077051_0264364.jpg
本物のマルチコプターも展示してありました。
これは貴重。










f0077051_027484.jpg
野口さん、楽しい時間をありがとうございました!





・Officialsite Stratoblue
・Twitter Katsya Noguchi
・Facebook 野口克也
・Space Gallery mu
f0077051_1164635.jpg











<おまけ>





f0077051_8353324.jpg
「あんたまさか!あたしを置いて行ってきたの?行ってきたの?」





f0077051_8355879.jpg
「でもこのフライヤーいいわね、あたしと同じ色柄で♪」
[PR]
by yossy-kmt | 2013-07-16 01:21 | 出来事

【Recommend】Cosme Treatment Shower "Obleu"

f0077051_9361253.jpg
f0077051_9363365.jpg
ご存じ、クビレディでおなじみのMTGから、マイクロバブルシャワーヘッドがリリースされました。
その名もCosme Treatment Shower 'Obleu'(コスメトリートメントシャワー オーブル)でございます。





<マイクロバブルとは?>

水道水に含まれる空気の気泡の大きさは通常1000μm程度ですが、それに対してマイクロバブルは50μmという驚異的に小さい気泡のことをいいます。

マイクロバブルを含んだ水は洗浄性に優れ、せっけん類を使わなくてもほとんどの汚れが落ちてしまいます。
頭の地肌もスッキリ、髪もサラッとすべすべで本来のツヤ感が甦るのです。
さらに、保湿性や保温性も非常に効果が高く、とにかくしっとりなめらかな肌触りになるのです。






牡蠣の養殖などにマイクロバブルが活用されているのはご存じのとおり。
皮膚炎などの軽減にも高い効果を発揮するので、動物病院などでのペット洗浄にも使われているのです。
(ちなみに、うちのタマさんが通う吾妻橋動物病院でも使われています)

参考記事→マイクロバブル温浴





f0077051_937669.jpg
箱を開けるとこんな感じです。





f0077051_9385589.jpg
ボディ全体がポリッシュ仕上げで高級感漂う仕上がり。





f0077051_9392334.jpg
マイクロバブルの発生量も5段階に調整可能。





f0077051_940992.jpg
優れた保湿力を発揮する高純度コラーゲンと8種のアミノ酸を配合したコスメカートリッジも付属。
(個人的には、マイクロバブルだけの効果を実感したいので使用しません)





f0077051_9403396.jpg
ボディサイドのコスメスイッチをONにすることで潤いを全身に纏うことができます。










f0077051_9432859.jpg
f0077051_9435580.jpg
接続アダプターも3種類が付属なので、ほぼすべてのシャワーホースに取り付け可能。
(ウチのバスルームはKVKだったので、付属のアダプターを使用しました)

最初にお湯を触った印象は「なんじゃこれ!」って感じです。
ただの水なのに、カドがなくなり丸くなめらかで柔らかい!
シャンプーすると地肌が一皮むける感じでスッキリだし、風呂上がりの全身のしっとり感はハンパないです。

試しにバブルコントロールを一番左に回して、マイクロバブルをゼロにしてみたら・・・
これまたビックリ、普通の水のなんと不快なこと!
今まで何気なく使っていたはずなのに、不思議ですねぇ。

石けんを使わなくてもキレイさっぱりになるので、肌のデリケートな方はもちろん、赤ちゃんのお風呂にもいいですね。
いやぁ、やみつきですよ・・・というか、もう普通の水には戻せませんね。





f0077051_9504285.jpg
シャワーヘッドを浴槽に入れて通水すると、乳白色のシルキーバスとしても楽しめます。
とろりとまとわりつく、絹のような柔らかなお湯の感触は言葉にできない心地よさ。
肌荒れの原因になる入浴剤とは、もうサヨナラです。










f0077051_9543977.jpg
「もしかして、コレであたしを洗うつもりなのかしら・・・」





f0077051_955077.jpg
「言っとくけど!あたし、お風呂なんか入らないからね!」





f0077051_9552643.jpg
「ん?それより、なんか気になる・・・」





f0077051_9555247.jpg
「やっぱり!こんなところにネコを隠してたのね!あんたもちょっと写り込みすぎでしょ!」





f0077051_9562238.jpg
「でも、よく見ると意外と可愛いじゃないの♪」










お買い求めはコチラで→Click Here
[PR]
by yossy-kmt | 2013-07-10 10:31 | 出来事

【Epilogue】Late Summer Vacation at THE NAM HAI

I don't want to forget many of these recollections.

Let's look back upon much wonderful recollections with many photographs.

Although it is very many photographs, please see to the last.










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Late Summer Vacation 2012】

【Prologue】Late Summer Vacation 2012
【1.NRT to DAD】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【2.Check-in】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【3.A day at villa】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【4.Relax at Resort】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【5.Dinner】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【6.Sightseeing 1st】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【7.Sightseeing 2nd】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【8.Breakfast】Late Summer Vacation at THE NAM HAI


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










f0077051_116552.jpg
f0077051_1214513.jpg
f0077051_1222823.jpg
f0077051_1232697.jpg
f0077051_125156.jpg
f0077051_1255492.jpg
f0077051_129765.jpg
f0077051_1304515.jpg
f0077051_1312335.jpg
f0077051_1342927.jpg
f0077051_138397.jpg
f0077051_1355682.jpg
f0077051_139863.jpg
f0077051_1129327.jpg
f0077051_11293829.jpg
f0077051_11342836.jpg
f0077051_11334722.jpg
f0077051_1136226.jpg
f0077051_1145561.jpg
f0077051_11514994.jpg
f0077051_11532556.jpg
f0077051_11535034.jpg
f0077051_1159233.jpg
f0077051_11562133.jpg
f0077051_11564762.jpg
f0077051_1202314.jpg
f0077051_1221677.jpg
f0077051_1263156.jpg
f0077051_1265781.jpg
f0077051_1285376.jpg
f0077051_1210058.jpg
f0077051_12111880.jpg
f0077051_1217459.jpg
f0077051_121718100.jpg
f0077051_12131213.jpg
f0077051_12215059.jpg
f0077051_1222324.jpg
f0077051_12232056.jpg
f0077051_12249100.jpg
f0077051_12242492.jpg
f0077051_12253172.jpg
f0077051_1231719.jpg
f0077051_12322390.jpg
f0077051_12352148.jpg
f0077051_12361540.jpg
f0077051_12355063.jpg
f0077051_1242070.jpg
f0077051_12423022.jpg
f0077051_12425228.jpg
It is not well transmitted only with a photograph.

You need to confirm by your eyes and heart.

I think so...











<Addition>





f0077051_12481358.jpg
f0077051_12492090.jpg
f0077051_12522656.jpg
His name is Dang Ngoc Hiep.
He is the butler who took care of us every day.
He really often worked.
I would like to meet him again.





f0077051_13104871.jpg
f0077051_1311718.jpg
I bought the wonderful bag currently used in the resort.
It is handmade and is a very polite thing.
This summer is pleasure.





f0077051_13113659.jpg
I bought this at the airport in Ho Chi Minh City.
It is a plate, a box of a tissue paper, and a jewel box.
These are all handmade and gold leaf is stuck on the whole surface.
All the pictures currently drawn on these are drawn by hand.
It is very beautiful !!










Thank you very much for the long time.
All the tales finished it as this.










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Late Summer Vacation 2012】

【Prologue】Late Summer Vacation 2012
【1.NRT to DAD】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【2.Check-in】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【3.A day at villa】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【4.Relax at Resort】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【5.Dinner】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【6.Sightseeing 1st】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【7.Sightseeing 2nd】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【8.Breakfast】Late Summer Vacation at THE NAM HAI
【Epilogue】Late Summer Vacation at THE NAM HAI


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by yossy-kmt | 2013-07-04 23:36 | 出来事

【Short Trip】さて、今年のスズランは・・・

梅雨まっ盛りのこの日、東京は朝からシトシト降ったり止んだりのジメジメとした空気でした。
そんなところにずっといると身も心もカビてしまいそうなので(笑)










サクッと飛んでみたのですよ。
f0077051_0344532.jpg
早朝からのフライトの予定を変更し、この日は珍しく午後の便で。

目的地は快晴。
燦々と降り注ぐ太陽と澄みきった青い空に、否が応でも期待が高まる。










f0077051_035858.jpg
f0077051_0393891.jpg
f0077051_040491.jpg
おなじみの国営滝野すずらん公園でございます。

閉園時間まであとわずか・・・
わき目もふらず一目散にスズランを目指します。










f0077051_0405567.jpg
f0077051_050610.jpg
f0077051_0521336.jpg
f0077051_051375.jpg
今年も、素晴らしく可憐な花を咲かせていました。
あたり一面に漂うスズランの甘美な香りに、しばし酔ってみたり・・・





f0077051_0524293.jpg
f0077051_0561650.jpg
f0077051_0543152.jpg
f0077051_0564851.jpg
最後の写真、正面からスズランを見ることができるという、かなりレアな体験ができました。










f0077051_0584716.jpg
f0077051_102387.jpg
f0077051_102021.jpg
深呼吸、深呼吸・・・そしてまた深呼吸。










身体中の細胞の隅々まで、濃厚で純度の高い酸素が行き渡ったころ・・・










f0077051_23335091.jpg
国営滝野すずらん公園は閉園時間を迎えるのでした。
[PR]
by yossy-kmt | 2013-06-21 23:44 | 出来事

【PANERAI】TRIBUTE TO GALILEO GALILEI

f0077051_0362081.jpg
「オフィチーネ パネライ - トリビュート トゥ ガリレオ:ルネッサンスの天才科学者に捧ぐ」展のINVITATIONがPANERAIから届きました。
ギリギリ最終日、どうしても行きたかったのでその日のフライトを午後に変更、空き時間を約1時間ほど捻出してなんとか行くことができたのです。










f0077051_0372143.jpg
もちろん、開場前に着いてドアオープンを待ちます。





f0077051_0441824.jpg
f0077051_0381279.jpg
f0077051_0404534.jpg
会場の床はPANERAI文字盤のモチーフになっているという凝りよう。





f0077051_0422591.jpg
f0077051_0424863.jpg
週末にはケースの分解&組立デモがあったらしいのですが、平日にしか行けない僕は当然見ることができず。
その代わり、いい写真が撮れるようにと、わざわざガラスケースを取っ払っていただけました。










PANERAIのレアなハイエンドモデルも見ることができます。
f0077051_0491293.jpg
左・・・RADIOMIR 8 DAYS GMT ORO ROSSO / PAM00395
右・・・TUTTONERO LUMINOR 1950 3 DAYS GMT AUTOMATIC CERAMICA / PAM00438





f0077051_0501157.jpg
左・・・LUMINOR 1950 REGATTA 3 DAYS CHRONO FLYBACK AUTOMATIC TITANIO / PAM00526
右・・・LUMINOR SUBMERSIBLE 1950 AMAGNETIC 3 DAYS AUTOMATIC TITANIO / PAM00389





f0077051_0513321.jpg
LUMINOR 1950 10 DAYS GMT CERAMICA / PAM00335





f0077051_0525533.jpg
RADIOMIR CALIFORNIA 3 DAYS / PAM00424





f0077051_0543085.jpg
LUMINOR 1950 8 DAYS GMT / PAM00233
ちなみに、これは僕の持っているモデルです。(参照→【PANERAI】Luminor 1950 8Days GMT PAM00233





f0077051_054747.jpg
LUMINOR 1950 10 DAYS GMT / PAM00270





どれもこれも百万〜数百万円の値がつくモデルばかり。
いやぁ、目が泳ぎますね(笑)





そして、圧巻のモデルがコレ↓
f0077051_0582644.jpg
f0077051_10173.jpg
POCKET WATCH TOURBILLON GMT CERAMICA / PAM00446


詳しくは動画を↓



腕時計ではなく、ポケットウォッチというところがミソ。
ちなみに数千万円のプライスタグがついて、生産数は全世界でたったの50本!
この時計で、地方だと一戸建てが買えちゃいます(笑)










f0077051_122924.jpg
そしてそして、このイベントのメインがコレ!





f0077051_12333.jpg
f0077051_13986.jpg
f0077051_134533.jpg
全世界にたったの3本しか存在しない「パネライ ジュピテリウム」でございます。

トスカーナ地方が生んだ天才ガリレオ・ガリレイによる初の天体望遠鏡観測400周年を記念して、この「ジュピテリウム」が発表されたのです。
「ジュピテリウム」は永久カレンダーを備えたプラネタリウム時計で、地球を中心にして太陽、月、木星と、望遠鏡の発明のおかげで1610年にガリレオによって発見されたガリレオ衛星と呼ばれる4つの衛星(イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト)が表示されるというものすごい時計なのです。


詳しくは動画を↓







f0077051_22524115.jpg
f0077051_22554653.jpg
8バレルでパワーリザーブは40日!
上の写真でも解説してありますが、構成部品は1532点というとてつもない数の部品が使われているのです。





f0077051_232417.jpg
フロントパネルを開けて見せていただきました。





f0077051_2323941.jpg
サイドからも中の複雑さを垣間見ることができます。





f0077051_234912.jpg
この複雑な歯車の配置と絡まり具合がたまりません!





f0077051_2343780.jpg
もちろん、永久カレンダーも装備。





f0077051_2372469.jpg
地球上で3個しか存在しない、そして日本で見ることができるのはおそらく最初で最後とのこと・・・
ほんの短い時間でしたが、一目でも見ることができて幸せでした♪
[PR]
by yossy-kmt | 2013-06-16 01:45 | 出来事

【PANERAI】Luminor 1950 8Days GMT PAM00233

先日の記事にもあったように、ずいぶんとお騒がせな郵便物が届いたのはご存じのとおり。

【Mystery】謎の郵便物 前編

【Mystery】謎の郵便物 後編










f0077051_1485824.jpg
タマさんとふたりで「これもいいね、あれもいいね」なんて眺めていたのですが・・・










f0077051_13215820.jpg
ん?




















誰ですか?予約なんかしたのは。




















はい、今回はタマさんの思し召しということで。















では、さっそく開けてみましょう。
f0077051_13472858.jpg
f0077051_1328327.jpg
f0077051_13293112.jpg
f0077051_1331247.jpg
Luminor 1950 8Days GMT PAM00233でございます。

MOVEMENT Hand-wound mechanical, Panerai P.2002 calibre, executed entirely by Panerai, 13¾ lignes, 6.6 mm thick, 21 jewels, Glucydur® balance, 28,800 alternations/hour. KIF Parechoc® anti-shock device. Power reserve 8 days with linear indicator, three barrels, seconds reset device. 247 components.

FUNCTIONS Hours, minutes, small seconds, date, second time zone, 24h indicator, linear power reserve indicator, seconds reset.

CASE Diameter 44 mm, AISI 316L brushed steel.

BEZEL Polished steel.

BACK See-through sapphire crystal.

DEVICE PROTECTING THE CROWN (protected as a trademark) Brushed steel.

DIAL Black with luminous Arabic numerals and hour markers. Date at 3 o’clock, seconds and 24h indicator at 9 o’clock, linear power reserve indicator at 6 o’clock.

CRYSTAL Sapphire, formed of corundum, 2 mm thick. Anti-reflective coating.

WATER-RESISTANCE 10 bar (~100 metres).

STRAP PANERAI personalised calf strap and large-size brushed steel buckle. Supplied with a second interchangeable rubber strap and a steel screwdriver.




f0077051_1330886.jpg
GMT針を出してみましょう。





f0077051_13303883.jpg
PANERAIのコレクションの中でも最上級ラインに採用されるぷっくりとしたドーム型風防は、厚さ2mmのコランダム製サファイアクリスタル。





f0077051_1431921.jpg
2012年度(2012年4月〜2013年3月)に製造された「O」番で※※※/1000のシリアルナンバーも。





f0077051_1451248.jpg
パネライ初の完全自社ムーブメントにして最高峰のP.2000シリーズのうち、Calibre P.2002という手巻きのキャリパーを採用しています。







f0077051_14463053.jpg
8日間という長いパワーリザーブを水平のインジケーターが表示。





f0077051_13515570.jpg
もちろん、暗くなると光ります。





f0077051_13503483.jpg
デフォルトは黒のカーフストラップにステッチも黒でシブい印象ですが・・・





f0077051_1452993.jpg
ゴールドのアリゲーターに替えてみたところ、ガラッと印象がかわり、とてもエレガントな雰囲気になりました。





f0077051_1675341.jpg
f0077051_1693246.jpg
ちなみに、これが約1年前に入手したLuminor 1950 3Days GMT Power Reserve Automatic PAM00321でございます。
比べると外観も中身もまったく別物なんですが、パッと見はわかる人にしかわからないってのがいいですね。





f0077051_1621176.jpg
末長く大切に使おうと思います。















<おまけ>
f0077051_16235145.jpg
撮影現場に乱入!





f0077051_16242248.jpg
あ、これが新しい時計なのね。





f0077051_1625258.jpg
やっぱり新しいのはいい匂いがする・・・





f0077051_1626024.jpg
よかったわねぇ、またがんばって働いて私に美味しいごはんを食べさせてね。
[PR]
by yossy-kmt | 2013-05-30 16:51 | 出来事